基本の捏ねないパンレシピ


捏ねないパンレシピとはパンの材料を混ぜたら袋に密閉し、膨らむ力と袋の圧力で捏ねたのと同じ状態をつくるパンです。

捏ねないパン レシピ

捏ねないパン

■材料(1斤分)

強力粉
200g
ドライイースト
小1より少なめ
牛乳
140cc
砂糖
大2
バター
大1
小1


  1. ボウルに粉を入れ、ボウルの片側にイーストと砂糖、反対側に塩を入れる。(塩とイーストが同じ場所にならないように)
  2. ぬるま湯を入れ、菜箸でぐるぐる混ぜる。更にバターも加えて混ぜる。
  3. 粉っぽさがなくなったら、ビニール袋にいれ、ピッチリと空気を抜いて袋を閉じ、ビニールの口を結びます。濡れふきんでつつみ、更に袋に入れます。
  4. そのまま冷蔵庫へ入れます。5時間〜12時間を越えない程度置いておきます。
  5. 生地が袋パンパンに膨らんでいればok。後の手順は基本の手ごねパンレシピと同じです。
  6. 生地を2つに分割し、それぞれの生地を丸めなおします。分割した生地が落ち着くよう、ベンチタイムをとります。(15〜30分程度)
  7. めん棒で生地を平たく伸ばし、上下の生地を内側に折り込み、更にめん棒でのばします。
  8. 上側の生地からくるくると生地を巻き、とじ目を下にして型のふちに押し付けるように入れます。
  9. 温かいところで生地を発酵(2次発酵)させます。
  10. 型の9割くらいまで膨らんだら、180度のオーブンで20分焼いて出来上がり。


捏ねないパンのメリットとデメリット

  • 材料を捏ねるところから1次発酵までを手軽にした捏ねないパンレシピです。
  • 冷蔵庫で生地を寝かせるため、前の日の夜に仕込んで、朝は成形から始めることができます。
  • 成形からですが、この後の工程は手捏ねパンと同じなので、ある程度時間がかかります。



« 基本のレンジパンレシピ 基本の冷蔵庫発酵パンレシピ »






いわゆる捏ねないパンとは、パン生地を袋に入れ密閉することで、膨らむ力と袋の圧力とで捏ねたのと同じ効果を得るものです。